きっとこころは離れられないから

『きっとこころは離れられないから』
  作詞・作曲 Izumi Chieno(ちえの いずみ)

 

まわりの人が悔しくなるくらい
かわいくなった わたしを見ても

きみは きづかない 私の気持ち

きみは しらない ずっと離れられない
せつなさに揺れていた私を

 

気のない振りをして困らせようと
ほんとは君の ことが好きなのに

素直になれない 私の気持ち

でもね 少しは 女らしくなったかなと
彼が思ってくれたら やっぱり嬉しい

 

きっと こうして 
そばにいてほしいから

君を困らせる ことばかり言っていた

ずっと こころは
きみを はなれられないのに

素直になれない ことばかり言っていた
今日も終わるかな

♪♪♪

2年前初めて出会ったあの階段
おしゃれをした わたしを見ても

きみは わすれていた 私との思い出

きみは かんじない そんな彼の
気持ちにいらだっていた

でもね少しは きみを振り回す訳(わけ)に
彼が気づいてくれたら やっぱり愛しい

 

明日も こうして
きみと話したいから

ときが止まる 願いばかりしていた

ずっと こころは
きみを はなさないのに

気のない ふりばかりしていた
明日も会えるかな

 
♪♪♪repeat♪♪♪

きみと こうして 
いっしょにいたいから

気の強い ふりばかりしていた

きっと こころは
きみを わすれられないから

そっときみを ただみつめていた
I want to see you tomorrow

 

 

↓ よかったらランキングボタンをクリックくださいね♪

小説ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
にほんブログ村

 

©2019 Izumi Chieno

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です