星に祈りを捧げて

『星に祈りを捧げて』
  作詞・作曲 Izumi Chieno(ちえの いずみ)

 

あのとき別れて 久しくなっても
心は今も 昔のまま

離れ離れになったけど
今もわたしの
気持ちは かわらない

 

そばにいて ほしいと
星に願う日々

星のように 今も
あなたを 見つめることが
できたなら

わたしは 今も
幸せ 感じていた

 

もしあのとき さよならを
いわなければ

今も きっと
君の側(そば)に いたよね

 

もしわたしが 別れを
いわなければ

今日もずっと
私のこと 愛してくれたかな

 

今もきみを 感じている

 

***

 

辛いのは嫌と わがまま言っても
君はいつも そばにいた

互いの距離は 遠いけど
こころの世界は
きみが 近くにいる

 

君にいて ほしいと
月に祈る日々

月のように いつも
あなたを 照らす光に
なりたいと

わたしは今日も
祈りを 捧げている

 

いまこうして あなたを
思い出すのは

今も あなたが
わたしの心に いてくれるから

 

あの日のように 好きだと
いえたなら

明日から 再び
私の近くに 戻ってくれるかな

 

今もきみを 祈っている

 

♪repeat♪

 

いまもこうして 祈りを
捧げるのは

いつも あなたの
幸せ心に 刻んでいるから

 

明日も 祈りが
あなたの心に 届くのならば

明日から ずっと
私の幸せ 続くのかな

 

永久(とわ)にきみを 見守っているから

ずっときみを 祈っているから

 

↓ よかったらランキングボタンをクリックくださいね♪

小説ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
にほんブログ村

 

©2019 Izumi Chieno

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です