「どしゃぶりから晴れ」  

『どしゃぶりから晴れ』
  作詞・作曲 Izumi Chieno(ちえの いずみ)

 

聖なる ひかりと ともに

きみを あいする ぼくがいるよ

たとえ どしゃぶり雨の 人生を歩んでいても

今 その中で 希望は 見いだす
ことができる

枝や葉が 雨の冷たさから 守ってくれる

冷えたこころに ぬくもりさがして

なみだする きみが そこにいるよ

幼い君が やがて 大人になり

本当の しあわせを 見つけていく

君の 未来を願って ぼくはやまない

涙にぬれた きみが みつけたひかり

聖なる存在が 見守っている

外に見えるどしゃぶり雨の人生でも

聖なるひかりとともに

きみを あいする ぼくがいるよ

幼いきみが やがて 大人になり

本当の人生を 探していく

君の 希望を知って ぼくは涙する

涙にぬれた きみが みつけた太陽

きみといっしょに 明日を見よう


 

↓ よかったらランキングボタンをクリックくださいね♪

小説ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
にほんブログ村

 

©2019 Izumi Chieno

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です